顔が大きいその理由!むくみ・脂肪・歪み…あなたはどれが原因?

顔が大きいその理由!むくみ・脂肪・歪み…あなたはどれが原因?

顔が大きいと気にしているあなた、顔が大きいのは何が原因か知っていますか?今回は、顔が大きい原因を4つのタイプに分類して、それぞれの特徴と改善方法を詳しくお伝えしていきます!

「むくみタイプ」の特徴と改善方法

女性に多い「むくみタイプ」。水分・塩分の摂りすぎや冷えによって血液やリンパ液の流れが悪くなり、顔がむくんで大きくなってしまっているタイプですね。顔のむくみを放っておくと定着してしまうので、早めの対処が必要です。改善のためには、体内の余計な水分・塩分を排出してくれるカリウムを多く含む食材を積極的に摂りましょう。キュウリやバナナ、海藻類やイモ類がおすすめです。また、入浴や生姜紅茶などで冷えを防ぐのも効果的。むくみが特にひどいときは、軽くフェイスマッサージを行いましょう。

「脂肪タイプ」の特徴と改善方法

食べ過ぎや運動不足によって、身体だけでなく顔にも脂肪がたまって顔が大きくなってしまっているのが「脂肪タイプ」です。このタイプの人は、まずは食事の量と内容を見直しましょう。脂肪分解を促す生姜やニンニク、唐辛子などを毎日の食事に取り入れてみてください。また、運動をすると脂肪燃焼が期待できるだけでなく血行も良くなるので、顔太り予防になります。

「歪みタイプ」の特徴と改善方法

「歪みタイプ」は、姿勢の乱れによって顔の骨格が歪み、顔の輪郭が崩れることで顔が大きくなってしまっているタイプです。顔周りの骨だけでなく、腰や背骨などの歪みも関係してきます。改善方法は、姿勢を正すこと。特にパソコンやスマートフォンを使っているときに首が前に出過ぎないように気を付けてください。また、脚を組んだり頬杖をついたりするのはやめましょう。

「顔のこわばりタイプ」の特徴と改善方法

ずっと同じ表情でいることや歯ぎしりなどで顔の筋肉が凝り固まり、顔の輪郭が大きくなってしまっているタイプが「顔のこわばりタイプ」。負荷がかかる表情筋トレーニングをするとさらに顔が凝り固まってしまう可能性があるので、改善のためにはやさしいフェイスマッサージがおすすめです。また、ストレスから歯ぎしりをするという場合もあるので、アロマを焚いたり入浴したりとストレスを発散することも必要です。

まずは、自分がどのタイプかを知ることが大切

顔が大きいと悩んであれこれ改善方法を試す前に、まずは自分がどのタイプなのか見極めましょう。自分の顔が大きい原因が分かれば、より自分に合った改善方法が分かります。自分のタイプに合った改善方法で、効率的に小顔美人を目指しましょう!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)