自宅で出来る小顔ケア♡正しい方法お教えします!

自宅で出来る小顔ケア♡正しい方法お教えします!

サロンに通うよりも、セルフケアで小顔になりたいと考えている女性は多いはず。大顔の原因であるむくみをとるマッサージなら、自宅で出来て効果を実感しやすいですよ。今回は、正しいフェイスマッサージ方法やむくみを改善する食べ方についてお教えします。セルフケアだけでシャープな小顔を手に入れましょう!

顔のむくみとりマッサージ方法

むくみとりマッサージは、スキンケアの後やメイク前に取り入れると効果的です。

【やり方】

  1. 顔に化粧水やクリームを塗ります。
  2. 指を耳の下から首、鎖骨にすべらせ、リンパの流れをよくします。
  3. 人差し指と中指、薬指の腹を使って、口角→頬骨→こめかみの順に指をすべらせてください。
  4. 目の周りは目頭→目尻に、力を入れずになでます。
  5. 眉から髪の生え際に向かっておでこをマッサージしましょう。
  6. 耳の下、首筋、鎖骨にかけて老廃物を流します。

むくみ改善に効果的な食べ方

塩分を控えた食事

塩分を多く含む食事をしていると、塩分濃度を下げるために体が水分を欲し、水をたくさん飲みたくなります。むくみやすい体質になってしまうため、できるだけ塩分を控えた食事に切り替えましょう。
塩分の多い食べ物には、ラーメンやみそ汁、インスタント食品、梅干し、漬物、スナック菓子などが挙げられます。味の濃い料理ほど塩分が多く含まれているので、普段から薄味を心がけてください。

水分補給は午前中にしっかりと

むくみの原因は過剰な水分ですが、こまめに水分補給をすると老廃物の滞りを防いで血液がサラサラになるなどメリットがたくさんあります。
そこで大事なのは、水分の摂取量を減らすのではなく、飲む時間帯を変えることです。夜は体が水分や脂肪を溜め込もうとする一方、朝は排泄機能が高まっています。水分は午前中に積極的に取ると、体内に溜め込むことなく巡りのいい体作りができます。

カリウムが含まれた食べ物をとる

カリウムには、塩分を排出して体内の水分量を一定に保とうとする働きがあります。ナッツやアボカド、ほうれん草、バナナ、キウイなどに含まれているため、むくみやすい方は毎日の食事でとるようにしましょう。

手軽に出来る小顔ケア

むくみとりマッサージのほかに、自宅にいながら手軽に出来る小顔ケアを実践しましょう。

入浴時のホットタオル

お湯に浸して固く絞ったホットタオルで顔を覆うと、汗をかいて老廃物が流れやすくなり、むくみ改善に効果的です。同時に、血行がよくなって肌のハリやツヤがアップします。タオルは熱すぎないよう調節し、週1~2回を目安に実践してみてください。

頭皮マッサージ

頭皮は顔の皮膚とつながっているため、もみほぐすとリンパや血液の巡りがよくなります。シャンプー時に指の腹を使って頭皮を指圧しながらもみほぐしましょう。おでこから頭頂部を通って、首のつけ根に向かってマッサージし、頭頂部にある百会(ひゃくえ)というツボを押すとすっきりしますよ。

まとめ

小顔になるには、むくみの改善が一番です。自宅で出来るケアを続けて、引き締まったフェイスラインとハリのある美肌を手に入れてください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)