エラボトックスで小顔になれる?効果や安全性は?

エラボトックスで小顔になれる?効果や安全性は?

エラ張りは生まれつきだから仕方がないとあきらめていませんか?エラボトックスなら手術せずにエラが小さくなり、すっきりとした小顔美人になれます。エラボトックスの効果や安全性を確認し、憧れのフェイスラインを手に入れましょう!

エラボトックスとは

エラボトックスは、エラ部分に注射を打ち筋肉を収縮させて小顔に導く施術のことです。エラには咬筋といって噛むための筋肉がついており、エラが張っている人はこの筋肉が肥大化しています。しかし、エラボトックス注射で薬剤を投与することで咬筋の力を弱めれば、顔を小さく見せることができるのです。

以前は、エラを小さくするには、「骨切り術」といってあごの骨を切り取って小さくする手術が行われていましたが、エラボトックスでは注射のみで小顔になれます。

物を噛むときは側頭筋など他の筋肉も使われるため、咬筋の力が弱くなっても食事しにくくなることはありません。むしろ噛む回数が増え、満腹中枢が刺激されて食事量を減らせるというメリットがあります。

エラボトックスの効果と安全性

エラボトックス注射を打つと、薬剤が徐々に分解されて3日から1か月くらいで効果を実感できるようになります。スッキリと引き締まったフェイスラインになり、効果は半年ほど持続します。注射を打つ場所や量、深さによって仕上がりが変わるので、事前カウンセリングで専門家にじっくり相談しましょう。

エラボトックスが受けられるのは、美容外科や皮膚科など専門のクリニックだけです。安全性は高いですが、表情筋のこわばりや物を噛むときの違和感など、人によっては副作用が出ることがあります。しかし、症状は数日で消えることが多く、肌荒れなどが起こってもすぐに医師に相談できますよ。

エラボトックスのメリット・デメリット

エラボトックスには、次のようなメリットとデメリットがあります。

【メリット】

  • 手術せずにエラ張りを改善できる
  • 効果を実感しやすい
  • ゆっくり小顔になっていくため、周囲にバレにくい
  • 咬筋の力が弱まるので、歯ぎしりも弱まる
  • 噛む回数が増える

【デメリット】

  • 半年ほどで元に戻る
  • 人によっては注射時の痛みや副作用が生じる

まとめ

エラボトックスは、手術せずに注射だけで気になるエラ張りを改善できます。効果を実感しやすくクリニックで安全に施術してもらえるため、大きいエラは生まれつきだとあきらめている方に試してほしいです。骨格のせいだと思っている方でも、筋肉の肥大化が原因になっていることもあります。ぜひクリニックで相談してみてください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)