顔にお肉がつきやすい人とつきにくい人、違いは何?

顔にお肉がつきやすい人とつきにくい人、違いは何?

身体はほっそりしているのに顔だけ太っている…。そんなふうに悩むあなたに知ってほしい、顔にお肉がつきにくい人・つきやすい人の特徴、顔太りしやすい人の改善方法を解説していきます!

顔にお肉がつきにくい人の特徴

顔にお肉がつきにくい人たちの特徴として、次のようなことが挙げられます。

  • 顔の表情が豊か
  • よく噛んで食べる
  • ハキハキと喋る
    顔の表情が豊かな人や食べ物をよく噛んで食べる人、口を大きく使ってハキハキと喋る人は、表情筋が鍛えられているため顔にお肉がつきにくくなります。

  • 通勤・通学などでよく歩く

  • こまめに水分を摂る
    適度な運動とこまめな水分補給を心がけている人は、血液やリンパ液の循環がスムーズで顔がむくみにくく、お肉もつきにくくなります。

顔にお肉がつきやすい人の特徴・原因

それでは逆に、顔にお肉がつきやすい人にはどんな特徴があるのでしょうか?

  • 全体的に肥満気味
    顔へのお肉のつきやすさは体格とはそこまで関係していませんが、やはり肥満気味の人は顔にもお肉がつきやすい傾向にあります。

  • 冷え性

  • 身体がむくみやすい
    身体が冷えることで血行が滞り、むくみやすくなります。むくみが恒常化すると、顔にお肉がつきやすくなってしまうため、冷え性だったりむくみやすかったりする人は要注意です。

表情が乏しかったり食べ物を噛む回数が少なかったり、運動量が少なかったり水分を摂らなかったりと、顔にお肉がつきにくい人と真逆の行動が原因で、肥満や冷え性、むくみが引き起こされます。

顔にお肉がつきやすいのはもうイヤ!改善方法

顔にお肉がつきにくい人の行動を真似することで、お肉のつきやすさは改善できます。ジムで激しい運動をしたり厳しい食事制限をしたりする必要はありません。次のような、ちょっとした方法を今日から試してみてください!

  • いつもより歩くスピードを速める
  • 通勤・通学途中に寄り道をして、歩く距離を増やす
  • 冷たい飲み物は避けて温かい飲み物を選ぶ
  • シャワーで済ませずゆっくり20分間ほどお風呂に浸かる
  • 1日かけて常温の水を1.5~2リットル飲む
  • 食べ物は1口30回を目安によく噛んで食べる
  • 顔全体を大きく使って笑う
  • 口を大きく使ってハキハキと喋る

あきらめないで!少しずつ小顔美人を目指しましょう

顔にお肉がつきやすいのは変えられない体質だとあきらめないでください。日常のちょっとしたことを改善するだけで、顔のお肉のつきやすさは変えられるはず。今日できることから1つずつ試して、徐々に小顔美人になっていきましょう!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)