リンパを流して小顔になる!小顔マッサージの方法

body_rinpakyu

小顔を作る大敵「むくみ」の原因はリンパが滞っていることがあります。顔のむくみが気になるという人にありがちなのは、リンパの流れが滞っていること。むくみの大きな原因であるリンパを流すマッサージについてご紹介します。

流れが悪いとむくみの原因にもなるリンパって何?

リンパとは、血液中に含まれる「血しょう」が、血管からシミ出てリンパ管に吸収されたものです。リンパ管は体中どこにでも張り巡らされており、いたるところに網目状に広がっています。内臓や皮膚に至るまで、体の組織全てに広がっています。血液は、心臓がポンプの役割となり、体全体に血液を送る構造になっていますが、リンパは筋肉の動きによって自発的に流れているもので、筋肉の力が弱まるとリンパが滞りがちになります。
むくみが気になるという人の多くは、リンパの流れが滞っている場合があります。リンパの流れが滞っていると、老廃物が排出されず、余分な水分が排出されずに顔がむくんだりします。何故かいつも顔がむくんで見えるという人はマッサージでしっかりリンパの流れを促してみましょう。

小顔を作るリンパマッサージ

顔のむくみが原因で顔が大きく見えたり、たるみやほうれい線を作り出すこともあります。そのため、小顔を目指すためには、リンパの流れを促すことが大切です。
リンパの流れを促すためには筋肉の動きによって流れるものなので、まずは日頃から適度な運動を心がけ、全身の筋肉を動かすようにしましょう。運動不足の人はリンパの流れも滞っています。まずは全体のリンパの流れを促して、小顔へアプローチ!
また、リンパマッサージも有効的です。リンパの流れに合わせてマッサージをすることでリンパの働きを活性化してくれます。小顔を作るフェイスのリンパマッサージは、手のひらで顎から頬にかけて優しくさすり上げます。そして口角から耳下まで、小鼻からこめかみまで、額の中央からこめかめみに向かってと並行線上にさすります。このリンパマッサージをお風呂で行うとさらに効果的です。ただリンパマッサージを手で行うのは大変です。さらに上手にマッサージ出来るかも不安があります。そんな時には小顔ローラーを使って行うと、複雑な形状のローラーがまるでエステティシャンのようなきめ細かいマッサージをしてくれるので、より一層効果的ですよ。
リンパが流れる管、リンパ管にはリンパ節と呼ばれるリンパの集まる場所があり、そのリンパ節は体の至る所、全身で約800か所に及びます。リンパの流れが悪いとリンパ節にリンパが滞ったりして、むくみなどが起こります。顏の付近には、耳のつけ根、顎、首のつけ根、脇などにリンパ節があり、マッサージなどでリンパの流れを促進することで、小顔効果にもつながると言われています。

まとめ

小顔の大敵、むくみの重要な原因となるのは、リンパの流れの滞り。リンパの流れを促進するために、リンパマッサージを行いましょう。リンパの流れが滞っていると、むくみが起こったり、また老廃物が体に溜まり、美容にもよくありません。顔のむくみをしっかり解消し、小顔へアプローチし、自分本来の美しさを引き出してみましょう。フェイスラインのマッサージを行った後は、必ず、耳のつけ根、首のつけ根、脇などにあるリンパ節をマッサージして、リンパを体に流すようにしましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)