詐欺率120%♡小顔に見せる前髪の作り方!

09305adb07370087a7aa47bc56b9ce2d_s

小顔に見せるために、髪で顔を隠して露出を減らせばいいと思っていませんか?
骨格診断ではありませんが、髪型が自分の顔の形に合っていることも大切で、合っていないと、却って大きく見えてしまうこともあります。
ここでは小顔に見えるおすすめの前髪についてご紹介します。

要注意!これでは小顔どころか逆効果?!顔を大きく見せるヘアスタイルとは?

まず、一般的に顔が大きく見えやすい髪型を避けるためにNGな髪型を抑えておくことも大切です。
それは以下のような髪型です。

  • ショートカットのような髪にボリュームが少なく輪郭がハッキリと分かる髪型
  • パッツン前髪。(顔に対して、横にしっかりと区切る線が入ってしまうために横長効果が出てしまいます。)
  • 明るい髪色。(髪の色は明るければ明るいほど、肌色や、顔周りの背景とのコントラストが曖昧になり膨張して見えます。)

髪の色は黒やダークブラウンなど引き締め効果のある色にするといいでしょう。
では、より小顔に見せるために具体的にはどうすればいいでしょうか?

顔の印象を決める前髪。顔の形別小顔の作り方

今回は「丸型」「面長型」「ベース型」「逆三角形型」それぞれにおすすめの前髪をご紹介します。

【丸型】

前髪を6:4か7:3など、真ん中より斜めに分けます。
そうすると、前髪が斜めの流れを作るので、丸形の紙にシャープ感を出すことができます。
丸形の人は、前髪を長く伸ばして斜めに流すと、より小顔効果が出せるでしょう。
男性なら、額はスッキリと出した方がいいでしょう。

【ベース型】

前髪を伸ばして真ん中分けがおすすめです。
伸ばした前髪が、縦長効果を出し、気になるフェイスラインにかぶさるので小顔効果が生まれます。
髪型全体がひし形のラインを描いたボブにするとより小顔効果が高まります。

【逆三角形型】

顔型が逆三角形の人は、前髪はパッツン前髪以外であれば、それほど影響がありません。額が狭い人は前髪を長めに作るといいでしょう。
また、フェイスラインがほっそりしているので、髪でふんわりとしたボリュームがあるとバランスが取れます。

【面長型】

額を隠せる前髪が大切です。それにより、額からあご先までの長さをごまかせるため、顔の縦の長さを解消して小顔に見せる効果があります。
額が広い場合は、目元が強調されるように眉のライン近くでやや短めに揃えます。
額が狭い場合は、少しトップからも前髪用に髪を持ってきて、長めの前髪にするといいでしょう。

まとめ

小顔というと、小顔ローラーやダイエットに走ることが多いようですが、前髪を変えるだけでも結構な効果があります。また前髪と併せて眉毛も縦や横の角度を意識して変えてみるとより一層効果がでるのでやってみてくださいね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)