小顔ローラーが痛い?その使い方間違っているかも!

小顔ローラーが痛い?その使い方間違っているかも!

人気の小顔ローラーを使っているのに、痛い!・・・それ、使い方が間違っているかもしれません。大切な肌を傷つけてしまわないよう、小顔ローラーの正しい使い方を学びましょう。

恐怖!小顔ローラーの使い方を間違えると・・・

小顔ローラーは直接肌に触れるもの。間違った方法で使うと効果があるどころか、次のような悪影響が出てしまいます。

カサつき、粉ふき

小顔ローラーを強く転がしたり長時間使ったりすると、摩擦によって角質がはがれて肌のキメが粗くなり、カサつきや粉ふきの原因となります。

しわ、たるみ

乾燥した肌に小顔ローラーを使うと、強すぎる刺激によって、しわやたるみができてしまいます。

赤み、痛み

小顔ローラーを間違った方向に転がすと、肌が変な方向へつまみ上げられて、赤みや痛みにつながります。

小顔ローラーの正しい使い方

肌を傷つけずきちんと効果を得られるよう、次のような基本の使い方を守りましょう。詳しい使用方向は製品によって異なるので、説明書をよく読んでから使ってくださいね。

肌を保温・保湿してから使う

肌を摩擦から守りスムーズに転がすために、肌を温め保湿してから使いましょう。肌を温めることで血流がよくなり、マッサージ効果がより期待できます。入浴後やホットタオルで肌を温めた後に使うのがベストですね。

転がす回数を守り、やりすぎない

小顔ローラーによくある失敗が、やりすぎ。効果がUPすると思ってついついたくさん転がしてしまう気持ちはわかりますが、やりすぎると効果UPどころか肌を傷つけてしまいます。転がす回数を守って、1回でたくさん行うのではなく毎日少しずつ行いましょう。

力を入れず、軽く握って使う

人気の小顔ローラーは、力を入れなくてもマッサージ効果があるように設計されています。軽く握って力を入れずに転がしましょう。特に顔周りの皮膚は薄いので、やさしく転がしてください。転がし続けていると無意識のうちに手に力が入ってくるので、休憩を入れながら意識的に力を抜くようにしましょう。

転がす方向を守る

上下左右どこにでも転がすことができる小顔ローラーもあれば、下から上、内側から外側など一定方向にしか転がせない小顔ローラーもあります。一定方向に転がす小顔ローラーの場合は、説明書をよく読んで必ず方向を守って使いましょう。

小顔ローラーを正しく使って、小顔をゲット!

せっかく小顔ローラーを使うからには、キュッと引き締まった小顔になりたいですよね。手軽に使える小顔ローラーだからこそ間違った使い方をしてしまいがちですが、大切な肌を守りつつ小顔を手に入れるためにも、小顔ローラーは正しく使いましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)