スキマ時間で女子力アップ♡手軽に小顔を手に入れよう!

スキマ時間で女子力アップ♡手軽に小顔を手に入れよう!

ちょっとした隙間時間に、小顔エクササイズができたらうれしいですよね。今回は、歯磨きをしている最中にできるエクササイズをご紹介します。歯磨きは毎日するので、簡単に習慣化させることができます。あなたもスキマ時間で小顔を手に入れましょう!

小顔やリフトアップ効果が期待できる!「歯磨きエクササイズ」とは

歯磨きエクササイズは、毎日の歯磨きタイムで簡単にできる小顔エクササイズです。歯ブラシを使って行うので、コストがかからず歯磨きをするついでにサクッとできます。

歯ブラシエクササイズでは、口の内側から表情筋をほぐしたり、積極的に動かすため、フェイスラインを引き締める効果があります。表情筋がたるんでしまうと、顔がたるんで大きく見えたり、二重あごになってしまいます。しかし、表情筋を鍛えることで顔が引き締まり、小顔やリフトアップ効果が期待できるのです。

表情筋を鍛えるマッサージは他にもありますが、歯磨きエクササイズは歯磨きをするついでにでき、忙しい方でもすぐに取り入れることができます。そして、歯磨きは誰でも毎日1~3回します。毎日の習慣の中にエクササイズを取り入れることで、エクササイズも忘れることなく習慣化できますよ。

「歯磨きエクササイズ」のやり方

歯磨きエクササイズは、歯磨きの前と口をゆすぐときに表情筋を動かします。

  1. 歯ブラシを口にくわえたら、唇をすぼめて歯ブラシを固定します。鼻で2回呼吸するまで、その体勢をキープします。(約10秒)
  2. 歯ブラシを口にくわえたまま、頬をすぼめて約10秒間維持します。
  3. 歯ブラシの背の部分で口の内側を押して刺激を与え、マッサージします。上下左右の筋肉を外側に押し出すイメージで行い、とくにほうれい線ができやすい部位を重点的に刺激しましょう。
  4. 歯磨きが終わって口をゆすぐときも筋肉を動かします。水を口に含んだら、上下左右に水を移動させてから吐き出しましょう。

「歯磨きエクササイズ」の注意点

歯磨きエクササイズでは、歯ブラシで口の内側を刺激するため、ヘッドが丸いものを使うのがおすすめです。口内を強く押すと、粘膜を傷つける恐れがあります。力加減に気をつけるか、先にゴムがついていて安全にエクササイズできる歯ブラシを選びましょう。

まとめ

歯磨きエクササイズは、歯磨きをするついでに表情筋を鍛えることができ、小顔やリフトアップ効果が期待できます。短時間ででき、習慣化しやすいため、ズボラな方でもできるのではないでしょうか?ぜひ、今日からやってみてください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)