小顔はメイクで作る!最旬小顔チークの入れ方

rol8

今すぐにでも小顔を手に入れたい!と言う人もいますよね?そんな時はメイクの力に頼ってみましょう!
メイクで小顔を作る方法の一つがチーク!チークの入れ方で顔の印象がぐんと変わるんですよ!

卵型フェイスと丸顔、面長フェイスの小顔チークの入れ方

顔の形は人それぞれなので、自分の顔の形によく合ったチークの入れ方がそれぞれ違います。
チークの入れ方ひとつで、顔の雰囲気も変わり、また小顔効果もぐんと上がります。
まずは自分の顔の形がどれにあてはまるのかじっくりチェックしてみてくださいね!

卵型フェイスの人は、もともとの骨格がきれいなので、笑った時に盛り上がる部分、頬骨の高いところにチークを丸く入れるのがベストです!

丸顔さんは、顔が大きく見えがちなので、チークを丸く入れてしまうと顔がさらに大きく見えてしまうので要注意!
頬骨の高い位置からこめかみにかけて、チークを入れると顔がスッキリして見えますよ!チークの幅は広げずシャープに入れるようにしましょう。

面長フェイスの人は、縦長の顔をチークでカバーするのがポイントです。頬の真ん中ほどに横長にチークをいれるのがポイントです。
かわいらしさを足して縦に長く見えるフェイスをカバーしましょう!額の上と顎にシェーディングを入れると縦長感がごまかされて小顔効果がアップしますよ!

エラ張り、逆三角、下ぶくれフェイス小顔メイクはどうやったらいいの?

エラ張りフェイスの人は、エラを上手にカバーすることが重要です!
チークは、卵型フェイス同様基本のチークの入れ方で笑った時に一番高くなる場所に、こめかみに向かってチークを入れましょう。
そして大事なポイントはエラの部分にシェーディングを入れることです。これでぐんと小顔効果が上がりますよ!

逆三角フェイスの人は、シャープの顔立ちに見えすぎてしまうので、反対に少しふんわりとした雰囲気を出すとうまく調和されます。
チークは頬の真ん中あたりにふんわりと広めに入れると女性らしさが出てキレイ度アップ!

下ぶくれフェイスの人は、基本のチークの入れ方で笑って頬が一番盛り上がる部分からこめかみに向かってチークを入れましょう。
そしてフェイスラインにシェーディングを入れると小顔効果アップです。

まとめ

小顔効果を最大限に発揮させるチークの入れ方は、まず自分の顔の形をしっかり理解することが大切です。
顔の形にあったチークを入れることで、小顔効果も生まれ、キレイ度もぐんとアップしますよ!輪郭を上手に活かすメイク法を知って小顔効果も手に入れちゃいましょう!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)