小顔ローラーのやりすぎには注意?デメリットを紹介

a82a08da6061c1fb872a5a2f90aa0c72_s

小顔ローラーは自宅でも簡単にエステ効果を得られ、小顔を目指せるアイテムとして人気です。しかしセルフケア美容だからこそ、上手に使用しないと逆効果になってしまうということも。小顔ローラーのやりすぎはどんなデメリットを招いてしまうのでしょうか?

小顔ローラーにデメリットってあるの?

説明書に従って、正しく使用していれば小顔ローラーのデメリットはほとんど起こりません。しかし、小顔ローラーの間違った使い方をしてしまうと、逆効果になってしまうこともあるので、使い方に注意してキュッと引き締まったフェイスラインを手に入れてみましょう!
小顔ローラーを強く押さえつけながら転がすと肌に強い刺激を与えてしまい、リンパの流れを乱したり、顔が張れてしまったりと逆効果になってしまいます。力加減としては、皮膚があまり動かない程度が目安です。それくらい軽く転がすほうが、より効果を発揮します。特に目の周りや口元などは皮膚がとても薄いので他の部分よりもさらに軽く、優しく転がすように心がけてください。
 転がす方向は必ず、下から上へ、顔の中心から外側へ、を守りましょう。肌のたるみは皮膚が重力に負けて下がってくることから生じるので、リフトアップさせるように下から上へと使うのが小顔効果を得るポイントです。せっかくの小顔ローラーでデメリットを作ってしまわないように、使用方法を守って使ってみましょう!

やりすぎにはご注意!逆効果になることも?!

早く小顔になりたい!劇的な効果が欲しい!と、使用目安時間をオーバーしてやりすぎてしまうと、肌に強い刺激を与えてしまい、肌トラブルの原因となることがあります。よく説明書を読んで、使用目安を守って使いましょう!
手軽に使いやすい小顔ローラーは、早く大きな変化が欲しいあまりに、やりすぎてしまいがちですが、美容効果を最大限に発揮させるためには商品の説明書に基づいた適正な使用頻度を守ることが必要です。目安は1回3分程度でOKです。1日たった3分でも美容効果が得られるのが、忙しい人にも嬉しい小顔ローラーの魅力です。たった3分で美容効果がえられる?!と、もどかしい気持ちになってしまうかもしれませんが、美は1日にして成らず。継続的にコツコツ使って綺麗を手に入れちゃいましょう!

小顔ローラーのメリットは自宅でもエステサロンに行ったかのようなマッサージ効果などで小顔を作り出していくところ。なかなか忙しくてエステサロンには行けないという人にもぴったりの美容アイテムです。早く効果が欲しいと、やりすぎてしまうのはご用心。デメリットを作ってしまうことにもなりますよ。説明書に書いてある使用頻度を守って、美容ローラーの効果を上手に実感しちゃいましょう!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)