自撮りだけでも盛りたいの♡小顔に見える写真の撮り方

rol10

手っ取り早く小顔を作る方法は、セルフィーでの盛り写真ですよね!自撮りでいかに小顔に見せるかは、日頃の研究から生まれるものです。
最近はSNSなどで自分の写真をアップする機会も増えました。自撮りで小顔見せのワザを調べてみました!

鉄板の虫歯ポーズ!

最近はインスタグラムなどのSNSが普及し、自分の写真をアップする機会も増えました。
できれば小顔に可愛く見せたいというのが乙女心ですよね?今回は小顔に見せることができるちょっとした裏ワザをご紹介します!

まず、定番なのは虫歯ポーズ。虫歯ポーズとは、虫歯のように歯が痛くて抑えているように見えるので、そのネーミングがつけられました。
片方の手で奥歯あたりを抑えるようにフェイスラインに手を当てます。すると気になるほほ回りが手でカバーされるので、必然と小顔効果に!応用編で、両手で頬を抑えるのも効果的です。
エラはりが気になる人や、顔回りがぽっちゃりしている人、顎がしっかりしている人などは効果的です。

また物理的に顔回りを隠す効果としてはヘアアレンジで、顔回りにおくれ毛を残すのもいいですね!
髪の毛で気になるフェイスラインがカバーされて、小顔効果が期待できます。

全身撮影は下から、顔のアップなら上から撮影

物理的に顔回りを隠す方法ではなく、撮影方法で小顔に見せる方法を調べてみました!
全身の写真を撮るなら断然、下からのアングルで撮るほうが、小顔効果があります。足長効果もあるので、ファッションコーディネートの撮影などに試してみてください!
気を付けたいのは下からのアングルで顎周りが見えすぎてしまうことです。顎を上げて見たり、横を向いたりなど、一番きれいに見える角度を探してみてください!

顔のアップを撮影するなら上目遣いで撮るのがオススメです。顎周りが隠れるので目が大きく、そして小顔効果がありますよ!
上目遣いで気を付けたいのは、目を開きすぎておでこにしわが寄っていないかどうか、また睨んでいるように見えないように気をつけましょう。

スタンプを使って小顔に見せる方法

最近は色々なカメラアプリに小顔機能が付いていますが、小顔機能がない普通のカメラアプリで写真を撮ることも多いですよね。そんなとき少しでも小顔に見せるためには、スタンプを使うと便利です。スタンプを使って小顔に見せるためには、次のポイントを意識してみてください。

  • フェイスラインに沿って使う
  • 顎は隠さない
  • 丸顔の人は、縦長のスタンプを使う
  • 面長の人は、丸みを帯びたスタンプを使う

スタンプで小顔を作る基本は、フェイスラインに沿ってスタンプを使うこと。でも、小顔に見せたいからと言ってフェイスライン全部を隠すのはNGです。顔のバランスが崩れて見え方がおかしくなってしまいます。顎は隠さず、口の横から目の横のフェイスラインに沿ってスタンプを使いましょう。丸顔さんは縦長のスタンプを使うと、丸顔が緩和されます。面長さんは丸みを帯びたスタンプを使って、縦の長さを感じさせないようにするのがおすすめです。顔の形だけでなく顔のパーツの位置や大きさによってもスタンプのベストな位置は変わるので、特に面長さんはスタンプを上下に調節して、自分にとってベストな位置を見つけてくださいね。

小顔機能がないカメラアプリを使うときもスタンプをうまく使いこなして、自信を持ってSNSに写真をアップできるようになりましょう!

写真を撮る前に!簡単な小顔マッサージ方法

いざ写真を撮るとなったとき、道具いらずかつ時間いらずで顔をスッキリさせることができる小顔マッサージ方法を伝授します。簡単マッサージでサクッと顔周りの凝りをほぐして、少しでも小顔で写真に写れるようになりたいですね。

  1. 頭皮マッサージ
    耳の上と額の横あたりに全ての指の腹を軽く当てて、指圧しながら上下に動かします。かつらをかぶっているイメージで、かつらを動かすように上下に動かしましょう。10~30秒ほど。
  2. フェイスラインマッサージ
    人差指を軽く曲げて第二関節(上から2番目の関節)の甲を使い、顎下から耳下に向かって、フェイスラインに沿って7~10回に分けて指圧します。骨の上ではなく、骨より奥まった部分のくぼみを指圧してください。7~10回の指圧を10~30秒(3~4セット)ほど行います。
  3. フェイスライン(内側)マッサージ
    2と同じように人差指の第二関節の甲を使って、フェイスラインの少し内側を指圧します。顎からこめかみにかけて、10~13回に分けて押さえていきます。10~13回の指圧を10~30秒(3~4セット)ほど行います。
  4. 仕上げ
    人差指の第二関節の甲で、こめかみを軽くプッシュします。

2と3は人差指だけでなく、他の指も同じ形にして使うことができます。人差指だけで行ったほうがまんべんなく丁寧にマッサージできますが、他の指も使ってマッサージするとさらに時短になるので、写真を撮る直前の時間がないときにはおすすめです。

まとめ

セルフィーで小顔に見せるポイントは、まず手や小物、髪などを利用して物理的に顔回りを隠すことです。

カフェに行ったらドリンクやスプーンなどを使って顔回りを隠すのもいいですね!そして全身撮影なら下からのアングルが小顔効果大!顔のアップなら上からの撮影が小顔効果を期待できますよ!

ただ、顔立ちなどによって可愛く小顔に見えるアングルが変わってくるので、あとは練習あるのみですよ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)