自撮りだけでも盛りたいの♡小顔に見える写真の撮り方

rol10

手っ取り早く小顔を作る方法は、セルフィーでの盛り写真ですよね!自撮りでいかに小顔に見せるかは、日頃の研究から生まれるものです。
最近はSNSなどで自分の写真をアップする機会も増えました。自撮りで小顔見せのワザを調べてみました!

鉄板の虫歯ポーズ!

最近はインスタグラムなどのSNSが普及し、自分の写真をアップする機会も増えました。
できれば小顔に可愛く見せたいというのが乙女心ですよね?今回は小顔に見せることができるちょっとした裏ワザをご紹介します!

まず、定番なのは虫歯ポーズ。虫歯ポーズとは、虫歯のように歯が痛くて抑えているように見えるので、そのネーミングがつけられました。
片方の手で奥歯あたりを抑えるようにフェイスラインに手を当てます。すると気になるほほ回りが手でカバーされるので、必然と小顔効果に!応用編で、両手で頬を抑えるのも効果的です。
エラはりが気になる人や、顔回りがぽっちゃりしている人、顎がしっかりしている人などは効果的です。

また物理的に顔回りを隠す効果としてはヘアアレンジで、顔回りにおくれ毛を残すのもいいですね!
髪の毛で気になるフェイスラインがカバーされて、小顔効果が期待できます。

全身撮影は下から、顔のアップなら上から撮影

物理的に顔回りを隠す方法ではなく、撮影方法で小顔に見せる方法を調べてみました!
全身の写真を撮るなら断然、下からのアングルで撮るほうが、小顔効果があります。足長効果もあるので、ファッションコーディネートの撮影などに試してみてください!
気を付けたいのは下からのアングルで顎周りが見えすぎてしまうことです。顎を上げて見たり、横を向いたりなど、一番きれいに見える角度を探してみてください!

顔のアップを撮影するなら上目遣いで撮るのがオススメです。顎周りが隠れるので目が大きく、そして小顔効果がありますよ!
上目遣いで気を付けたいのは、目を開きすぎておでこにしわが寄っていないかどうか、また睨んでいるように見えないように気をつけましょう。

まとめ

セルフィーで小顔に見せるポイントは、まず手や小物、髪などを利用して物理的に顔回りを隠すことです。

カフェに行ったらドリンクやスプーンなどを使って顔回りを隠すのもいいですね!そして全身撮影なら下からのアングルが小顔効果大!顔のアップなら上からの撮影が小顔効果を期待できますよ!

ただ、顔立ちなどによって可愛く小顔に見えるアングルが変わってくるので、あとは練習あるのみですよ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)