ハイライトとローライトを駆使せよ!小顔に見える「シェーディング」のやり方

rol6

小顔はもともとの骨格や日々のコツコツした積み重ね、明日急に小顔になりたくても無理!とあきらめていませんか?
実は小顔はメイクでも作り出すことができるんですよ!メイクで小顔を作るシェーディングのやり方をご紹介します!

シェーディングって何?

小顔を作るのは日々のケア積み重ね。でも、今すぐにでも小顔を手に入れたい!と言うのが本音ですよね。
そんな人にオススメ、すぐに一番劇的な変化を与えることが出来る小顔メイク「シェーディング」について調べてみました!なんとメイクで小顔に見せちゃうことも出来るんです!

「シェーディング」とは、その名の通り、影を入れていくこと。
つまり、メイクで顔に影を入れることで、目の錯覚を起こし、顔を実際より小さく見せるメイク方法です。

ベースメイクに単色のファンデーションを使用すると、均一に綺麗に見えることも確かですが、立体感がなく、のっぺりした印象に。
平たく見える顔は大きく見えることがあります。

シェーディングのポイントは顔に立体感を作り出すこと。
光が当たる部分「ハイライト」、陰になる部分「ローライト」をメイクで強調することで、顔が立体的に見えて、凸の部分が強調されるので小顔に見えるという仕組みなのです。
シェーディングなら今すぐにでも取り入れられますよね!

シェーディングはどうやったらいいの?

シェーディングのポイントは、凹凸のポイントを把握して、凸の部分はハイライトを、凹の部分にはローライトを入れていくことです。
鏡を見て、光があたっているところがハイライトを入れる部分、例えば鼻筋、頬骨、おでこなどです。
そして陰になっている部分を強調するのがローライト、例えば目頭から鼻の両脇にかけてのライン、エラ、髪の生え際などです。

ベースメイクの際後に、明るめのパウダーをハイライト部分にのせ、少し暗めのパウダーをローライト部分に入れてみましょう!
または、元々ローライト部分には暗めのファンデーションを使ってみるのもよいですよ。

あまり大袈裟にやってしまうとまるで舞台メイクのようになってしまうので、やり過ぎ感がない、自然なくらいにやるのが大切ですよ。
顏に立体感を作ることで顔が小さく見えるのがうれしいですね!

また、メイク前には小顔ローラーを使ってマッサージしておくと血行も促進されて、むくみがとれ、さらに肌が生き生きとしてメイクのノリもよくなりますよ!

まとめ

シェーディングはすぐにでもトライできる、即効性のある小顔見せの一つです。特にシェーディングを使用すると気になるエラなどをカバーして小顔に見えますよ。
ハイライトとローライトをしっかり把握して、小顔効果を手に入れましょう。そしてやりすぎは注意!ナチュラルなくらいがちょうどいいですよ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)