食べ方次第で小顔になれる!?その方法お教えします!

食べ方次第で小顔になれる!?その方法お教えします!

小顔になりたいという願いを年中持ち続けているあなた!食事の「食べ方」は気にしていますか?いつもの食べ方を少し変えることで小顔になれる理由、小顔になれる食事方法や噛み方、注意点を解説していきます。

食べ方を変えると小顔になるのはなぜ?その理由

私たち現代人は、食材をあまり噛まずに飲み込んだり柔らかいものばかりを食べていたりするため、口周りや頬の筋肉が衰えてしまいがち。口周りや頬の筋肉を含む表情筋が衰えると顔がたるみやすくなり、たるんだ状態が続くと脂肪が付きやすくなってさらに小顔から遠のくという悪循環に陥ってしまいます。つまり、1日3回ある食事時間を賢く使って(=食べ方を変えて)表情筋を鍛えると、小顔に近づけるというわけです。

実践!小顔を目指す食事方法、噛み方

それでは、小顔になれる食事方法を伝授します!ポイントは次の3つ。

1口30回を目安に噛む

幼い頃から言われていることかと思いますが、やはり1口30回を目安によく噛んで食べることが重要です。試しに何も考えずに噛んでいる回数を数えてみると、3回や5回など驚くほど少ないことに気付くはず。噛まずに食べるクセがある人は、ざっくりでいいので30回数えるようにしましょう。

左右どちらの歯も均等に使って噛む

噛む回数が増えるほど、左右どちらの歯も均等に使って噛むことが大切になってきます。左右どちらかだけに偏って歯を使うと、骨格が歪んでフェイスラインが崩れてしまう可能性があるためです。

1食20分以上かけて食べる

脳の満腹中枢によって「お腹いっぱい」という判断が下されますが、その判断が下るのは食事開始から20分以上経過した頃。早食いをすると太るのは、もう十分な量を食べているのに脳がお腹いっぱいと判断せず食べ過ぎてしまうためです。太ると顔にも脂肪がつきます。小顔になりたい人は、1回の食事に20分以上かけるようにしましょう。ゆっくり食べるためにも、やはりよく噛むことがミソですね。

忙しくてもできる!小顔になる食習慣

忙しくてゆっくり食事をとれない方や、面倒に感じてしまう方は、ガムを噛むなどしてあごを動かす機会を増やしましょう。ガムは低カロリーでおやつ代わりになりますし、噛むことによって満腹中枢が刺激され、空腹感を緩和させることができます。ガムを噛むと自然に出る唾液には、パロチンというホルモンが含まれており、若返り効果があるとも言われていますよ。

また、食事の回数を小分けにすることで噛む回数を増やしたり、ゆっくり噛む時間を作ってもOKです。食事回数を増やす場合は総カロリーに気をつけ、食べ過ぎないようにしてください。固くて低カロリーの食材を選ぶなど、工夫しましょう。

小顔に効果的な食材

食事で小顔を目指すなら、より効果的な食材や栄養素を取りましょう。顔のむくみを改善したり、あごや頬の筋肉を引き締める効果が期待できます。

【むくみを改善する食べ物】

塩分過多な食事をしていると体中の水分量が増えてしまいます。塩分の多い食べ物を避け、代わりに塩分を排出してくれるカリウムが含まれた食べ物を積極的に取りましょう。カリウムは、バナナやアボカド、グレープフルーツ、大豆、わかめ、ホウレンソウなどに含まれています。
あわせて、コーヒーや紅茶、ウーロン茶や緑茶など利尿作用のある飲み物をこまめに取ることで、体に溜まった水分や老廃物をスムーズに排出することができます。

【筋肉を鍛える食べ物】

噛むことによって小顔になりたいなら、できるだけ固い食べ物を取りましょう。固い食べ物なら咀嚼回数が増え、1回の食事であごをたくさん動かすことができます。あごと頬の筋肉が引き締まって、すっきりとしたフェイスラインに近づきますよ。

固い食べ物のうち、とくにおすすめなのが小魚やするめ、ごぼう、せんべいなどです。小魚はカロリーが少なく、カルシウムがたっぷり含まれているのでおやつにぴったり。するめは亜鉛などのミネラルやたんぱく質、ビタミン配合で栄養が豊富です。食物繊維が含まれたごぼうには整腸作用があり、お通じをよくしてくれます。せんべいは炭水化物なので、食べ過ぎには注意してください。

【肥満解消に効果的な食べ物】

肥満で顔に脂肪がついてしまった場合、食事の量を減らすなどして体全体のダイエットを行うのが一番ですが、発汗作用のある食べ物を取ることで脂肪燃焼を助けてくれます。しょうがやトウガラシなどを食事に取り入れ、体温と基礎代謝をあげて痩せやすい体づくりを目指しましょう。

食べ方を変える際の注意点

食事時間を賢く使って小顔を目指すのはいいことですが、食事そのものを楽しめなくなってしまっては意味がありません。30回数えながらの食事や時間を気にする食事は大変です。ストレスで顔太りするなんてことになったら本末転倒。慣れないうちは数を数えたり時間を見たりしながらの食事になりますが、だいたいの感覚がつかめたら無意識に戻って、食事を思いっきり楽しんでくださいね。

いつもの食べ方をちょっと変えて小顔美人に♡

毎日3回ずつある食事。そのときに食べ方を少し変えるだけで小顔になれるなんて、試さない手はありませんよね。いつもの食べ方をちょっと変えて、ラクに小顔美人を目指しちゃいましょう!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)