食べ方次第で小顔になれる!?その方法お教えします!

食べ方次第で小顔になれる!?その方法お教えします!

小顔になりたいという願いを年中持ち続けているあなた!食事の「食べ方」は気にしていますか?いつもの食べ方を少し変えることで小顔になれる理由、小顔になれる食事方法や噛み方、注意点を解説していきます。

食べ方を変えると小顔になるのはなぜ?その理由

私たち現代人は、食材をあまり噛まずに飲み込んだり柔らかいものばかりを食べていたりするため、口周りや頬の筋肉が衰えてしまいがち。口周りや頬の筋肉を含む表情筋が衰えると顔がたるみやすくなり、たるんだ状態が続くと脂肪が付きやすくなってさらに小顔から遠のくという悪循環に陥ってしまいます。つまり、1日3回ある食事時間を賢く使って(=食べ方を変えて)表情筋を鍛えると、小顔に近づけるというわけです。

実践!小顔を目指す食事方法、噛み方

それでは、小顔になれる食事方法を伝授します!ポイントは次の3つ。

1口30回を目安に噛む

幼い頃から言われていることかと思いますが、やはり1口30回を目安によく噛んで食べることが重要です。試しに何も考えずに噛んでいる回数を数えてみると、3回や5回など驚くほど少ないことに気付くはず。噛まずに食べるクセがある人は、ざっくりでいいので30回数えるようにしましょう。

左右どちらの歯も均等に使って噛む

噛む回数が増えるほど、左右どちらの歯も均等に使って噛むことが大切になってきます。左右どちらかだけに偏って歯を使うと、骨格が歪んでフェイスラインが崩れてしまう可能性があるためです。

1食20分以上かけて食べる

脳の満腹中枢によって「お腹いっぱい」という判断が下されますが、その判断が下るのは食事開始から20分以上経過した頃。早食いをすると太るのは、もう十分な量を食べているのに脳がお腹いっぱいと判断せず食べ過ぎてしまうためです。太ると顔にも脂肪がつきます。小顔になりたい人は、1回の食事に20分以上かけるようにしましょう。ゆっくり食べるためにも、やはりよく噛むことがミソですね。

食べ方を変える際の注意点

食事時間を賢く使って小顔を目指すのはいいことですが、食事そのものを楽しめなくなってしまっては意味がありません。30回数えながらの食事や時間を気にする食事は大変です。ストレスで顔太りするなんてことになったら本末転倒。慣れないうちは数を数えたり時間を見たりしながらの食事になりますが、だいたいの感覚がつかめたら無意識に戻って、食事を思いっきり楽しんでくださいね。

いつもの食べ方をちょっと変えて小顔美人に♡

毎日3回ずつある食事。そのときに食べ方を少し変えるだけで小顔になれるなんて、試さない手はありませんよね。いつもの食べ方をちょっと変えて、ラクに小顔美人を目指しちゃいましょう!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)