小顔ローラーは効果ない?逆効果って噂の真相

-shared-img-thumb-0I9A359515032128ushishi2_TP_V

小顔ローラーは自宅でも簡単にエステ効果を得られ、小顔を目指せるアイテムとして人気です。しかしセルフケア美容のため、小顔ローラーには効果がない、逆効果になるという噂もちらほら。気になる真相を調べてみました!

小顔ローラーは効果ない?逆効果って噂の真相

小顔ローラーは自宅で気軽に小顔エステを体験したかのような効果が得られる、うれしい美容器具。小顔ローラーを使うとフェイスラインがキュッと引き締まったり、肌にハリや艶が出たりとうれしい効果もたくさんあります!でも高いだけで効果は無いなんて噂もちらほら…。

その原因は、小顔ローラーは長期間使って効果が出るものと言うことをしっかり理解していないことかもしれません。小顔ローラーを使った直後は、顔がキュッと引き締まって小顔効果を得た気がしても、時間が経つとまた元に戻ってきたような気がして、効果が無かったと思ってしまった人もいるのでは?
肌をマッサージしたり、トリートメントした後は肌に張り出たり、引き締まった感じがしますよね?でもそれは一過性のもので、翌日や数時間後にはまた元に戻ってしまうのは事実。

しかし、ダイエットや美容と同じで、小顔ローラーも継続することに効果があるものです。実際の小顔効果実感を持続できるためには、毎日の継続が大切です。筋トレを始めてすぐに効果が出たりするわけではなく、数か月続けたりすると筋肉がついて体が引き締まるものですよね。小顔ローラーも同じ、まずは毎日継続することが大切なのです!

小顔ローラーの効果的な使い方とは

小顔ローラーは間違った使い方をしていると、たるみやシミ、シワの原因になる恐れがあります。正しい使い方を覚えて、効果をアップさせましょう。

化粧水や美容液で滑りをよくする

マッサージ前は化粧水や美容液をつけて滑りをよくして、摩擦を軽減させてください。肌をこすることによって起こる乾燥や色素沈着を防ぐことができます。

肌を温める

小顔ローラーを使う前に入浴したり、ホットタオルを使ったりして肌を温めましょう。血行がいい状態で転がすとリンパ液や血液が流れやすくなり、老廃物をしっかり押し出せます。防水仕様のローラーであれば、入浴中に使うのもおすすめです。

同じ方向に転がす

小顔ローラーは、下から上、中央から外側へと、同じ方向に転がします。往復させるとせっかく持ち上げたフェイスラインを下げてしまうことになり、リフトアップ効果が期待できなくなります。

小顔ローラーを使用する時間と頻度

小顔ローラーの1日の使用時間は、1部位につき5分程度を目安としましょう。片側の頬を5分間、反対側の頬を5分間転がすと、フェイスケアは10分で終わります。お手入れはたまに行うよりも、毎日コツコツ続けたほうが効果を実感しやすいです。1時間のケアを1週間に1回だけするのではなく、1日5~10分を毎日行ってください。

とくに1部位につき何十分も使用してしまうと、肌をこすりすぎてシミやたるみを引き起こすことも考えられます。1回の使用時間を守って、肌が傷つかないよう配慮しましょう。

むくみがひどいときは、1日だけでフェイスラインがすっきりするのを感じられます。1日では効果が感じられない場合でも、1~2週間ほどで徐々に引き締まっていくのを感じられることが多いので継続使用してください。

部位による効果の違い

小顔ローラーによるリンパマッサージで一番効果を実感しやすいのが顔と脚です。顔と脚は人間の体の中でもむくみやすい部位で、ローラーを転がすことで老廃物を押し流せば、1日で効果を実感できることがあります。

反対に、効果が表れにくいのは二の腕やお腹、太ももなどです。これらの部位はむくみよりも脂肪がついて太くなっていることが多く、短期間では目立った変化は見られません。しかし、マッサージによってセルライトを改善し、リンパ液と血液の流れをよくして新代謝をアップさせることはできます。継続的にお手入れすることで、痩せやすい体作りを目指しましょう。

間違った使い方は逆効果を引き起こす?!

小顔ローラーの間違った使い方をしてしまうと、逆効果になってしまうこともあるのは事実。使い方に注意してキュッと引き締まったフェイスラインを手に入れてみましょう! 

小顔ローラーを強く押さえつけながら転がすと肌に強い刺激を与えてしまい、逆にリンパの流れを乱したり、顔が張れてしまったりと逆効果になってしまいます。力加減としては、皮膚があまり動かない程度が目安です。それくらい軽く転がすほうが、より効果を発揮します。特に目の周りや口元などは皮膚がとても薄いので他の部分よりもさらに軽く、優しく転がすように心がけてください。 

転がす方向は必ず、下から上へ、顔の中心から外側へ、を守りましょう。肌のたるみは皮膚が重力に負けて下がってくることから生じるので、リフトアップさせるように下から上へと使うのが小顔効果を得るポイントです。
 

まとめ

美は1日にして成らず。すぐに小顔効果を実感できなくても、じっくりコツコツと使うのが小顔ローラーで引き締まったフェイスを手に入れる秘訣です。
また気軽に自宅でエステ効果を体験できる美容ローラーは、その分しっかりと使い方に注意しなければ逆効果になってしまうのも事実。力を入れて強く押さえて転がすのは絶対NG!使用方法を守って、小顔を手に入れちゃいましょう!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)